Vagrant 共有フォルダの備忘録

Vagrantの共有フォルダはデフォルトではvagrant sshでログイン先の/vagrantです。/vagrantに/var/www/htmlがシンボリックリンクしています。
この設定を変更する場合はvagrantfileで変更する必要があります。
以下が設定の該当部分になります。

  config.vm.synced_folder "./", "/vagrant"

⬇︎それぞれこのようになっています。

config.vm.synced_folder "ホスト側ディレクトリ", "ゲスト側ディレクトリ"

従って、例えば、ホスト側ディレクトリをデフォルトから./htdocs/projectに変更したい場合はこのように書けばいいでしょう。

config.vm.synced_folder "./htdocs/project", "/vagrant"

設定が終わったら、必ず、

$ vagrant reload

を実行して初めて共有フォルダのマウントが完了します。
以上、共有ファイルの設定方法でした。簡単ですが、vagrantの予備知識がないと結構はまりますよね、、、。